江戸時代から続く日本人の健康管理法

江戸の昔から知られていたコンドロイチンの健康効果でアンチエイジング

老化防止に有効とされているコンドロイチンについて

江戸時代から健康のキモとされていたのは、納豆やオクラなどにあるネバネバ成分。
いまではこの力がコンドロイチンという栄養成分に夜物だと言うことがわかっています。

コンドロイチンという栄養成分の基礎知識

コンドロイチンは、グルコサミンと並んでサプリメントで摂取を勧められている栄養物質で、体の節々の関節の調子を整えるのに有効な栄養素の一つであると言われています。
コンドロイチンとグルコサミンは、関節の痛みやスムーズな動きを促すのに同じ様に優れている栄養素でもありますが、その生成方法が全然違ったりすることがあります。
コンドロイチンは、おくらや納豆、山芋といったネバネバ成分に多く含まれていますが、グルコサミンはカニやエビの甲羅に含まれている栄養素であるのです。
そして、コンドロイチンの重要な役割には、骨と骨の結合部分の動きを良くするための潤滑油的な特徴が見られ、大切な機能を掌るのです。
年齢と共に体内のコンドロイチンが失われていきますので、それをしっかり補っていくことが老化防止にも望ましいのです。

美しい肌作りにも効果を発揮する美容成分

美容に関心の高い方はもうご存知でしょうが、コンドロイチンには肌のハリや弾力を保つ作用があるとされています。
コンドロイチンは、もともと体内にあるものですが、歳を重ねていくにつれてその生成量は減少してしまいます。
ですから、減少してしまった分は補給をしなければいけません。
コンドロイチンは、納豆や山芋などのネバネバした食品に含まれていますが、毎食それらのものを摂っていては栄養のバランス的に偏ってしまいがちです。
一番お手軽で必要な分を摂取しやすい方法は、サプリメントなどの健康食品を食事の際などに口にする事ではないでしょうか。
また、お肌のアンチエイジング対策には、コンドロイチン配合の化粧品を試してみてはどうでしょう。

新たな江戸の知恵活用法